あなたの起業を応援する資金集め情報サイト

起業の第一歩!調達目標を考える

起業についての書籍が書店に並び、スモールビジネス・副業など、「起業」という言葉が身近になっている現代。しかし、いざ起業をしようとなってみると、現実的な資金の壁で頓挫してしまった、という話もよく聞きます。また、しっかりとした資金計画がないままに起業してしまって大変苦労した、という話も多くあります。

せっかく素晴らしいアイディアがあり、起業をしたのに、資金集めについて知っているか知らないかだけの差で損をするのは、とても勿体ないですよね。何かとお金のかかる創業時に資金難にならないためにも、しっかりと資金集めの情報を仕入れておきたいものです。

起業のための資金と言えば、かつては、「自己資金」が基本でした。「夢のためにお金を貯める」という姿に、努力と輝く姿が見出されていました。
しかし、現代では、スピードが何よりも大切とされています。「今」起業すべきビジネスがあれば、お金を貯めている時間などありません。
ビジネスの成功には、スピードとタイミング。これを前提とした資金集めの方法を学ばないと、商機を逃してしまいます。そのためには、自己資金以外の資金集め方法を知っておかなければなりません。

また、「融資」「出資」と言っても、現代では、銀行からのものだけではなく、様々な選択肢が存在します。資金調達の手段は、銀行からの融資だけ、という時代は終わりました。
情報化社会だからこそ、手段を知っているというだけで成否が分かれていってしまいます。多くの資金集め手段を検討し、よりスピーディーでリスクの少ない方法を探しましょう。

このサイトでは、資金集めをする前に知っておくべきこと、実際の資金集め方法の紹介、そして、自分に合った方法を見つけるためのヒントをまとめています。起業後に苦労しないために、起業前に知っておきたい情報を集めています。

起業のために必須の資金集めを攻略する

起業するためには、一体いくら必要になるのか。 成功イメージを思い描くことも大切ですが、溢れ出るアイディアを具体化していくことは、起業の成否を大きく分けます。 何にいくらかかるのかを一つ一つ現実の数字に落とし込んで、しっかりと第一歩を踏み出しましょう。

やり方は様々!自分に合った資金集め方法

資金集めの方法と言われて、どんなものが思い浮かびますか? メインは、「融資」と「出資」の二つですが、現代では、その他にも資金調達の手段は、様々になっています。助成金や補助金など、色々な選択肢を知ることで、自分の事業内容や起業スタイルに合った資金集めの方法を見つけましょう。

融資と出資の種類を知る

「融資」「出資」と一口に言っても、それぞれ多くの種類が存在します。担保がない、自己資金がない、時間がない、など、起業するには、様々な難問が立ちはだかっており、それらの条件に合った資金集めをする必要があります。 融資と出資の種類を知ることで、適した資金調達方法を選びましょう。

TOPへ戻る