やり方は様々!自分に合った資金集め方法

融資と出資のメリット・デメリット

融資と出資の違いを一言で言えば、「返済が必要なものが融資、返済の必要がないものが出資」です。ここでは、詳しく二つの違いを見ていきましょう。

融資の最大のメリットは、経営権を持って経営を行えることです。また、公的機関によるスタートアップ融資も存在するため、借りやすい状況も生まれています。

融資のデメリットは、毎月の返済と利息が最大のものでしょう。担保や保証人がいないと融資が受けられないことが多い点もデメリットです。

他方、出資は、返済の必要がなく、担保や保証人も必要としません。これが、最大のメリットです。
出資者は、株式を対価に受け取り、その配当金を得ることを目的としています。そのため、ビジネス的なサポートをしてくれる場合もあります。

ただし、出資者=株主であるため、経営に影響力を持ち、最悪の場合、代表取締役を解任されてしまうこともあります。そのことは、常に念頭に置いておく必要があるでしょう。

これも活用!その他の資金集め方法

資金集めの方法は、融資と出資だけではありません。数多く存在する「助成金」と「補助金」も是非活用したい方法です。どちらも公的支援で原則返済の必要がありません。そのため、申請が通ればとても心強い資金となります。

助成金は、申請期間が長く設けられていますが、補助金は、申請期間も短く、審査の難易度も上がります。どちらも厳格な審査がありますので、しっかりと対策を立てて申請しましょう。
地方自治体が実施しているものもあり、無料相談も実施されているので、活用したいところです。

また、最近注目されている他の資金調達の方法として、ビジネスコンテストやクラウドファンディングがあります。

ビジネスコンテストは、政府・民間で多種多様な機関が主催しており、学生などのスタートアップに活用されています。

クラウドファンディングは、近年日本でも多くの利用されており、宣伝広告と資金調達の両方を狙える手段として注目されています。

この記事をシェアする
TOPへ戻る